私の一日は、朝礼からスタートします。その後、展示車の吹き上げをし、店内で自分が任されているブロックの車のメンテナンス(バッテリーのチェックや、車の汚れの確認など)を行います。その合間に、いらっしゃったお客様への接客を行うというのが、毎日の流れです。
私が心がけているのは、まだ2年目ということもあるので、できるだけ多くの接客の機会をつくるということ。そのために、いらっしゃったお客様に積極的に話しかけるのはもちろんですが、かかってきた電話も一番最初にとるようにしています。また、購入してくださったお客様に対してもこまめに連絡を入れ、「その後、問題はありませんか?」といったふうに関係性を深めていくために色々と試行錯誤を続けています。
そうした自分なりの努力が実ったおかげか、1年目には新人で販売台数TOPとなり表彰していただくことができました。とても嬉しかったです!



今でも鮮明に覚えているのが、最初に担当したお客様のことです。実は、その接客でいきなり売れてしまったんです(笑)。急遽担当することになったお客様だったのですが、軽自動車を探しているということで、必死に説明しながら店内のパソコンで色々と検索したところ、希望通りの車が見つかってその場で購入という流れに。正直、どうしていいのかわからなくて、テンパってしまいました(笑)。先輩に助けてもらって契約手続きまで無事に終えたのですが、その時は達成感よりも「一つ売ることがこんなにたいへんなのか・・・」という気持ちでいっぱいでした。



仕事をするうえで一番大切にしているのは、「笑顔」です。少しでもお客様と仲良くなりたいので、車と関係のない話をしたりして接点を見つけたり、家族連れのお客様の場合は子供とも打ち解けられるように、笑顔で接するようにしています。そのうえで、できるだけ親身になって希望を聞いたり、こちらから色々な車の提案をすることで、少しでも信頼される存在になれればと思っています。
カーチスは「顧客満足度No.1」と評価してもらえています。会社全体で、接客には力を入れていこうという強い意気込みが感じられますし、そのためにみんなすごく努力しているように思います。私は個人的に、自分が担当したお客様には納車の際にお礼の手紙を書いて渡しています。感謝の気持ちを伝えたくてしょうがなくて、始めたことなんです。これだけは、ずっと続けていきたいと思っています。